スキルなしからプログラマへ転職!

スキルなしからの転職は可能か?

プログラマに転職しよう!

おすすめトピックス

プログラマに転職したい方へ管理人自身の経験をもとに、スキルなし、経験なしからプログラマへの転職を応援するサイトです。お問い合わせは>>コンタクトフォーム

プログラマを目指そう

プログラマを目指そう

プログラミング知識や経験がまったくない人が、プログラマになるなんて到底無理だと思い込んでいませんか?確かにプログラミングを習得するのは簡単ではありませんが、やる気さえあれば独学でもある程度は習得できます。さらに、医師や弁護士とは違い、プログラマという仕事に就くために必要とされる資格や免許はありません。IT業界は人材不足ですから、未経験者可の採用求人も増えています。つまり、スキルなし・経験なしからプログラマを目指すのは、決して無理難題ではないのです。

プログラマを目指そう

  • なぜ採用されるのか

    なぜ採用されるのか

    プログラマの募集要項に「未経験者歓迎」と書かれているのを見ると、本当かどうか疑う人もいるのではないでしょうか。それはプログラマという仕事について偏見を持っているからだと思います。スキルなしでも、プログラミングさえ覚えれば誰でもプログラマになることは可能なのです。文系出身者でも、スキルが何もない人でも1年以上の経験を経れば誰でもプログラマとして活躍できるようになります。スキルなしの未経験者をエンジニアとして育成しようという企業は増えています。くわしくはこちら

  • 仕事内容を把握しておこう

    仕事内容を把握しておこう

    プログラマになる前に、プログラマの具体的な仕事について知っておくと転職後に慌てずに済むでしょう。基本的にプログラマの仕事はプログラミング言語を使用し、プログラムを構築していくことです。そのプログラムは自分の思いつくままに作るわけではありません。クライアントの希望を聞いたり上司から指示を受け、仕様書通りに作らなければなりませんので、コミュニケーション能力が必要な仕事です。また仕事の性質上締め切り時期には残業が多くなりがちですので、覚悟しておきましょう。スキルアップに役立つ資格を目指すのもおすすめです。くわしくはこちら

  • 無限の可能性がある

    無限の可能性がある

    プログラマという仕事にはたくさんの魅力があります。まず社会の役に立つ仕事をできるということ。人が仕事をする理由にはお金を稼ぐという側面もありますが、誰かの役に立ちたいという側面もあります。自分がプログラミングを担当した機器が社会の役に立っていると実感ができる魅力がプログラマの仕事にはあります。またロボット開発や宇宙開発にもプログラマは欠かせません。いつかそのような最先端のプログラミングを担当することができるかもしれません。さらにスキルを磨けばフリーランスになることも転職することも容易です。 くわしくはこちら

  • 文系でも活躍できるのか

    文系でも活躍できるのか

    「文系出身者はプログラマにはなれない」と思い込んでいる人がいますが、これは偏見です。実際に、開発現場では数多くの文系出身プログラマが活躍しています。プロジェクトをチームを組んで達成をしようとする時に、最初は理系組と文系組に分かれてしまうことがあるようですが、進行とともにお互いの意外な発想を認め合うようになるのがほとんどです。文系出身者と理系出身者のどちらが優れているかとう考え方ではなく、どちらも個性があって、それを生かせる場があります。文系出身だからといってプログラマになるのに不利だということはありません。くわしくはこちら

転職を考える方におすすめの記事

プログラマを目指そう
プログラマを目指そう
転職活動を始めよう
転職活動を始めよう

ページトップ