スキルなしでプログラマ転職を目指すなら仕事内容を把握しておこう

スキルなしからの転職は可能か?

プログラマに転職しよう!

おすすめトピックス

プログラマに転職したい方へ管理人自身の経験をもとに、スキルなし、経験なしからプログラマへの転職を応援するサイトです。お問い合わせは>>コンタクトフォーム

仕事内容を把握しておこう

仕事内容を把握しておこう

プログラマへの転職を考えている人に向けて、プログラマの仕事内容を紹介します。仕事の流れやイメージを把握することで、転職した後にこんなはずじゃなかったと慌てたり、不満を持つリスクも減らせるかもしれません。

プログラムをつくることが仕事

プログラマの仕事は、一言でいえばプログラミングです。プログラミング言語を用いて仕様書通りのプログラムを構築します。プログラミング言語は様々な種類があります。自分が入る会社がどのようなプログラミング言語を採用しているかを確認しておくことは大切なことかもしれません。プログラミングはスキルなしの未経験者でも習得できますので、あまり怖がる必要はありません。
プログラマの作業はPCで行いますが、そのプログラムを使うのは人間です。その存在を忘れてはいけません。ユーザー、および、ユーザーにサービスを提供するクライアントにとって使いやすいもの、よろこばれるものをつくるのがプログラマの役割です。そのためクライアントとの打ち合わせによりどのようなプログラムを構築したらよいかを探り、最善のものを思い描く力を身につけましょう。これを実現するには、コミュニケーション能力が必要不可欠です。プログラマという仕事は、プログラミング作業には一人で取り組みますが、開発はプロジェクトチームで取り組みます。チームの一員であるという意識を持つことも大切です。

プログラマは残業が多い

プログラマの仕事は、どちらかというと請負型の仕事といえるでしょう。請負仕事とは、決められた期日までに、満足のいく製品を作り上げるという義務がある仕事です。毎日決められた時間に会社に来て、退社時間になったら帰るという毎日を送って評価が上がる仕事ではありません。そのためどうしてもプログラマの仕事は残業が多くなります。毎回扱うプログラムは違いますので、締め切り日の前に余裕を持って完成させるということができる時もあれば、できない時もあります。
そのため締め切りが近づくと連日残業をする必要が生じることもあるでしょう。また数人のチームでプログラミング作業をすることもあります。同じチームの仲間同士で作業をする時にひとりだけ先に家に帰るということも難しいようです。締め切り前後は残業がある物だと覚悟をしてこの業界に入ったほうがよいでしょう。

資格を取ると仕事が広がる

プログラマになるにはスキルなしの状態からでも可能です。しかしほとんどの人はその後プログラマに関する資格を取得しています。プログラマに関する仕事を取得すると、いろいろな仕事を手掛けられるようになるので、仕事の幅が広がります。
また資格のために勉強をすることで知識が身につきますので、それがスキルアップにつながることもあります。さらには企業によっては資格の取得を推進していることもあり、資格手当がつくこともあります。プログラマに関する資格を紹介すると「基本情報技術者試験」「ソフトウェア開発技術者試験」という国家試験に合格する必要があるもの、「情報処理活用能力検定情報システム試験」という公的資格や「情報処理技術者能力認定試験」という民間の資格もあります。

転職を考える方におすすめの記事

プログラマを目指そう
プログラマを目指そう
転職活動を始めよう
転職活動を始めよう

ページトップ