スキルなしの文系出身からプログラマでも活躍できる

スキルなしからの転職は可能か?

プログラマに転職しよう!

おすすめトピックス

プログラマに転職したい方へ管理人自身の経験をもとに、スキルなし、経験なしからプログラマへの転職を応援するサイトです。お問い合わせは>>コンタクトフォーム

文系でも活躍できるのか

文系でも活躍できるのか

プログラマに関する質問でよくあるのが、「プログラマは理系出身じゃないと無理な仕事ですか?」というものです。答えは、ノーです。文系出身者も問題なくプログラマになることはできますし、事実、数多くの文系出身プログラマが活躍しています。

文系でも活躍できる

理系出身者にしかなれないイメージのプログラマの仕事ですが、実際の仕事の現場を見てみると多くの文系出身者が活躍していることがわかります。もちろん理系出身者のほうが、プログラミングに関する用語などの知識をあらかじめ持っているので仕事に入りやすいとは思います。しかしある程度の基本的な知識を身に付ければ、文系出身者でも十分に務まります。スキルなしの文系出身者でも数年経つと一人前のプログラマになれます。
その文系出身のプログラマと理系出身のプログラマの差は、スキルの差というよりも「個性の差」になります。例えばプログラムに関しての説明をする時に文系出身者は、誰にでもわかりやすく噛み砕いて説明をすることができます。理系出身者は難しい言葉を使って一般の人からすると分かりづらい説明をするかもしれませんが、正確な表現でプログラムについて説明することができます。どちらが良いかというよりも、個性の差だといえるでしょう。

文系ならではの発想が生かされる

プログラミングは一人で行う場面もあれば、プロジェクトチームを組んで大勢の人が協力してプログラミングを行う場面もあります。特にチームでプロジェクトに取り組む時に「理系チーム」「文系チーム」が分かれてしまうことがあると言います。やはり理系出身者はそれまでに培ってきた自分の経歴や実績に自負があるからです。しかしプロジェクトを進めていくうちに、文系出身者ならではの意外な発想が役に立つ場面が出てきます。逆に理系出身者の考え方に文系出身者が学ぶ場面も出てきます。
このように文系出身者と理系出身者の良い面が出て、お互いを認め合えるようになると、プロジェクトの成果も出やすくなります。結局どっちの発想も大切で、お互いがお互いの違いを、良さだと認めることが大切だということです。今後も文系出身者のプログラマが増えていくことで、ますますこれまでなかったような斬新なプログラムが登場するきっかけになるかもしれません。

プログラマはやはり男性が多い

プログラマの構成比を見ていきましょう。特にはっきりしているのが男女比です。圧倒的に男性が多く8割程度が男性だと言われています。しかしその結果により女性がプログラマに向かないかといえばそうではなく、結婚や出産などの女性ならではのライフイベントにより、職場を離れる女性が多いのが原因かもしれません。
年齢層を見ていくと、18歳から40歳くらいの人が多いと言われています。ある程度年齢を重ねると管理職に回る人が多いからだと言われています。またプログラマの仕事はチームでの仕事が意外と多いので、社交的でコミュニケーション能力が高い人が意外と多いという現場の声もあります。

転職を考える方におすすめの記事

プログラマを目指そう
プログラマを目指そう
転職活動を始めよう
転職活動を始めよう

ページトップ