プログラマに転職!スキルなしでも採用されるのはなぜ?

スキルなしからの転職は可能か?

プログラマに転職しよう!

おすすめトピックス

プログラマに転職したい方へ管理人自身の経験をもとに、スキルなし、経験なしからプログラマへの転職を応援するサイトです。お問い合わせは>>コンタクトフォーム

なぜ採用されるのか

なぜ採用されるのか

それまでプログラマの仕事をしたことがない、プログラミングのスキルがない人でも企業が採用していると聞くと、にわかに信じがたいと感じるかもしれません。しかしプログラマという仕事の捉え方を変えることによりパラダイムシフトが起こり、なぜスキルがない人でも企業からプログラマとして採用されるのかが理解できるようになると思います。

プログラミングは誰でもできる

なぜプログラマがスキルなしでも企業から採用されるかと疑問に感じる人もいると思います。そのような人はプログラマの仕事が理系の大学を卒業した一部の人にしかできない仕事であると感じているからだと思います。しかしプログラマの仕事は慣れると誰でもできるようになります。実際にスキルなしでプログラマの仕事を始めた、文系の大学を卒業した男性や女性の社員が、数年もすると一人前のプログラマになります。
プログラミングはある種のパターンの集合体ですので、最初の頃はひとつのプログラミングに苦しみ時間もかかりますが、経験を重ねるごとにパターンが分かってきます。パターンを知れば知るほど、組み合わせも容易になりプログラミングが普通にできるようになってきます。このことを企業の採用側は理解していますので、スキルがない人でも、文系の大学出身の人でも抵抗なくプラグラマの卵として採用するのです。

文系出身者と相性が良い仕事

「プログラミング言語」とよく言いますが、プログラムを覚えることは、どこかの国の言語を覚えるのに近い感覚があります。つまり理系でなく文系の素養が高い人でもプログラマになることはできるということです。また例えば英語を話せるようになると、ドイツ語やフランス語も話せるようになる人がいます。それは言語には共通のルールがあるので、そのルールとパターンを覚えることで、他の言語を覚えやすくなるからです。
これとまったく同じことがプログラミングにも当てはまります。最初に覚えるプログラミング言語が例えば英語のようなものだとします。日本語と英語は文法がかなり違うので覚えるのに大変苦労しますが、同じように最初のプログラミング言語を覚えるのには苦労を伴います。しかし次のプログラミング言語を覚える時は、どうでしょうか。ドイツ語と英語の文法は、日本語と英語よりもかなり構造が似ています。同じように一つのプログラミング言語を習得すれば、次の言語の習得は簡単になります。
このように最初は大変でも基礎ができれば後は応用を重ねていくだけです。この点から見てもプログラマの仕事と文系出身者の相性の良さが見て取れます。このように考えていくと自分が文系の大学しか出ていなくても、プログラマとしてのスキルが無くても採用される理由が見えてくるのではないでしょうか。

転職を考える方におすすめの記事

プログラマを目指そう
プログラマを目指そう
転職活動を始めよう
転職活動を始めよう

ページトップ