スキルなしからの独立、フリーランスに向いている人とは

スキルなしからの転職は可能か?

プログラマに転職しよう!

おすすめトピックス

プログラマに転職したい方へ管理人自身の経験をもとに、スキルなし、経験なしからプログラマへの転職を応援するサイトです。お問い合わせは>>コンタクトフォーム

フリーランスに向いている人とは

フリーランスに向いている人とは

プログラマが所属するIT業界、Web業界は、ある程度のスキルがつくと独立をしてフリーランスで活躍する人が少なくありません。もちろん企業に居続けて活躍する人もいますが、フリーランスになってよかったと思っている人も多いようです。フリーランスという働き方に向いている人のタイプを紹介します。

自分をマネージメントする能力がある人

フリーランスとして働くために必要不可欠なのが、セルフマネージメント能力です。フリーランスになると、自分でどの仕事を受けるかを決めることができ、いつ仕事をするかも自由に決めることができます。セルフマネージメントが得意な人は、自分が今後どのようなプログラマになっていきたいかを想像し理想形をみつけます。そしてそこに向かって必要な仕事だけを選択し受注することが可能です。またプライベートと仕事のバランスが取れた最適な勤務時間帯を導きだし、無理のない仕事量を割り振ることができます。この結果、企業に勤め、企業の都合に合わせて仕事をしていた頃よりも、身になる仕事をすることができ、プライベートを犠牲にせずに働くことができるようになります。

こだわりのライフスタイルを持つ人

ライフスタイルにこだわりがある人もフリーランスに向いています。例えば勤務地にこだわりがある人は多いと思います。基本的にプログラマの仕事はネット環境と機材が揃っていればどこでも仕事をすることができます。登山が趣味だという人は日本百名山のような山のふもとで仕事をして、休みの日や仕事の後に登山やハイキングを楽しみ、人生を豊かに過ごすことができます。
また、子育て中という理由で田舎に引っ越して仕事をすることもできます。無農薬の野菜を育てたり、子どもが育つのに素晴らしい自然豊かな環境で仕事をすることができます。子どもが大きくなったらまた都会に戻ってきて仕事をすることもできるでしょう。このように企業に勤務していたら実現困難なライフスタイルを望む人はフリーランスが向いています。

仕事を選びたい人

企業に勤めていると、自分が興味のない仕事を振られてしまうこともあります。もちろん断ることは実質無理な状態です。このような仕事が続くとモチベーションが下がってしまい、成長が見込めないと考える人はフリーランスになるといいかもしれません。自分が好きな仕事を選んで仕事をすると、普通の仕事や嫌な仕事とは違って、発想が豊かになり、斬新なプログラミングをできるようになるかもしれません。結果的に名のあるプログラマになることができて、さらに好きな仕事に囲まれて仕事をする恵まれた環境が整うかもしれません。仕事によってモチベーションがかなり変わるタイプの人は、フリーランスとして好きな仕事だけを選んで働く方が、企業にいるよりも力が出せる可能性があります。

転職を考える方におすすめの記事

プログラマを目指そう
プログラマを目指そう
転職活動を始めよう
転職活動を始めよう

ページトップ