スキルなしからプログラマ転職を目指す文系出身者へ

スキルなしからの転職は可能か?

プログラマに転職しよう!

おすすめトピックス

プログラマに転職したい方へ管理人自身の経験をもとに、スキルなし、経験なしからプログラマへの転職を応援するサイトです。お問い合わせは>>コンタクトフォーム

文系出身者に人気のページ

文系出身者に人気のページ

スキルなしからプログラマへの転職を目指す文系出身者におすすめの記事をまとめました。プログラマといえば理系出身というイメージが未だに定着していますが、開発現場では文系出身者が多数活躍しています。文系、理系ということにこだわるのはもはやナンセンスと言ってよいでしょう。それよりも、スキルなしの未経験者をプログラマとして採用しようとする企業の意図に目を向けてください。なぜ未経験者を採用するのか、どのような人物像を求めているのかをキャッチすることが転職成功の秘訣です。

文系出身者に人気のページ

  • なぜ採用されるのか

    なぜ採用されるのか

    スキルがなくてもプログラマとして企業に採用されるのはなぜでしょうか。それは、誰でも数年間プログラマとしての勉強をすれば一人前になることを企業が理解しているからです。初めてのプログラムを作る時はもちろん大変ですが、一度プログラムを作成するとパターンがわかってきます。そのパターンが増えていくと楽にプログラムを作れるようになります。そのためスキルがないからといってプログラマになることをあきらめる必要はないのです。くわしくはこちら

  • 未経験者に求めるポイントとは

    未経験者に求めるポイントとは

    企業が「未経験者歓迎」のプログラマ求人を出す際、応募者に何を求めているのでしょうか。基本的なプログラマとしてのスキルは後に育成することができます。求めているのは、プログラマの仕事を真剣にしたくて、プログラマの仕事が好きだと思っている人材です。また仕事としてプログラムを作る際に制約があっても、その中でプログラミングができることも重要です。そして何よりチームのリーダーになれるような人間的な魅力を持った人材を求めているようです。くわしくはこちら

  • 文系でも活躍できるのか

    文系でも活躍できるのか

    プログラマの仕事は理系の一部の優秀な人だけにしかできないという思い込みがあるかもしれません。しかし実際にプログラマが働くWeb関連の企業の職場では文系出身者のプログラマが多数働いています。最初は知識が豊富な理系のプログラマがリードしていても、数年たてばレベルの差は埋まり、個性の差というのがみえてきます。そしてお互いの個性が合わさったほうが斬新なプログラムを作成できる可能性が広がりますので、文系でも活躍することができるのです。くわしくはこちら

転職を考える方におすすめの記事

プログラマを目指そう
プログラマを目指そう
転職活動を始めよう
転職活動を始めよう

ページトップ