スキルなしの未経験転職者が採用されるポイントとは

スキルなしからの転職は可能か?

プログラマに転職しよう!

おすすめトピックス

プログラマに転職したい方へ管理人自身の経験をもとに、スキルなし、経験なしからプログラマへの転職を応援するサイトです。お問い合わせは>>コンタクトフォーム

未経験者に求めるポイントとは

未経験者に求めるポイントとは

プログラマの求人募集に「未経験者歓迎」と明記されていると、誰でも採用されるチャンスがあると思うかもしれません。しかしあくまで募集したいのは将来プログラマとして活躍が見込める人材であり、決して誰でもいいわけではありません。それでは企業が未経験者を採用する時に求めている人物像とはどのようなものでしょうか。

本気でプログラマになりたい人

企業側が求めている未経験者とは、「プログラマに本気でなりたいと思っている未経験者」です。プログラムにまったく興味がなく、なんとなく応募したような人を採用しようとは思っていません。たとえ未経験者でも、プログラムのスキルがなくても、やる気があれば数年で一人前になることができますし、数十年、企業を支える人材まで育つ可能性があります。
真剣にプログラマになりたいと思っていない人を育て上げたいと思うほど企業に余裕はありません。プログラムを作ることに興味があり、たとえ拙くても休日に自分なりのアプリなどを作っているような人を企業は求めています。仕事だからプログラムを作っているのとは違い、好きだからプログラムを作ってしまうような人です。

プロのプログラマになれる人

プログラムを作ることが好きで、ぼーっとしている時に、ついプログラムのことを考えてしまうような人を企業は求めています。しかしそれと同時に仕事として、プロとしてプログラマの仕事に取り組めるかどうかということも重要視されます。プログラマの仕事は一人よがりではできない仕事です。企業やクライアントから求められた枠の中でプログラムを作成する必要が出てきます。予算が限られたり、時間が限られる中で、いかに合格点を出すかという、現実的な判断ができないとプロのプログラマは務まりません。理想だけを追うのでなく、仕事としてのプログラマという存在をきちんと理解できるかどうかが重要になります。

人としての魅力があること

プログラムを作るのが好きで、制約がある中でも結果を残すことができる人を企業は求めています。それと同時に企業はその人の、人としての魅力を見極めようとします。プログラマの仕事は社会の役に立つための機器を動かすためにプログラミングをする仕事です。または誰かの役に立つ何かを作動させるためのプログラムを作る仕事です。プログラムを作るプログラマの人となりが、結果として作成するプログラムににじみ出てきますので、人間的な魅力があることが、魅力的なプログラムを作れる人ということになります。
またプログラマの仕事はチームプレーで行う仕事ですので、コミュニケーションをきちんととれることも大切です。「あのプログラマと一緒に仕事をしたい」と思われるような人を企業は求めています。なぜならそのような魅力のある人は、周囲の人たちに愛されて仕事をするので、急速にスキルアップを果たす可能性が高いからです。

転職を考える方におすすめの記事

プログラマを目指そう
プログラマを目指そう
転職活動を始めよう
転職活動を始めよう

ページトップ