スキルなしからのプログラマ転職は面接対策が重要

スキルなしからの転職は可能か?

プログラマに転職しよう!

おすすめトピックス

プログラマに転職したい方へ管理人自身の経験をもとに、スキルなし、経験なしからプログラマへの転職を応援するサイトです。お問い合わせは>>コンタクトフォーム

面接を通過するための対策とは

面接を通過するための対策とは

プログラマとして未経験者から転職を成功させるためには、面接での対応が重要になります。採用担当者にいかにやる気をしめせるかどうか、好感を持たれるかどうかが成否の分かれ道になります。いくつかの面接対応におけるポイントを知っておきましょう。

熱意と本気度を伝えよう

面接で大切なことは「真剣な気持ちで面接に臨んでいる」と採用担当者に伝わる態度をとることです。基本的なことの積み重ねで真剣さは伝わりますのでおさらいをしていきましょう。
まず「相手の目を見て話をする」ということです。きちんと話を聞いている証拠になりますので、なるべく目を見て話しましょう。目を見るのが苦手な人は、眉間のあたりを見るようにしましょう。採用担当者の話に「リアクションをする」ということも大切です。例えば相槌を打つようにするとよいでしょう。何か採用担当者が話をしたときに、その言葉をおうむ返しするだけでも効果があります。または大きくうなずくなどボディランゲージをとることも有効です。採用担当者は自分の話をきちんと聞いている、理解しているとわかると安心して話をすることができます。その結果として面接者にも好感を持ちやすくなります。

持っていくと便利なアイテム

コミュニケーションに自信がなく、うまく目を見ることができなかったり、上手に相槌を打つ自信がない人もいるでしょう。その場合は小道具を用意するといいでしょう。まずメモと筆記用具は忘れないようにしましょう。採用担当者が何か重要な話をしたと思ったら、すかさずメモを取るようにします。この行為により採用担当者の話をきちんと聞いていること、話の内容を理解していること、重要なポイントを見極める能力があることを同時に示すことができますので有効な行為です。
特に未経験者として面接に臨む時は、どんなことでも吸収しようという姿勢を示すことが重要になります。メモを取る行為はその姿勢を示すことでもあります。また自分が作成したアプリや、勉強に使っているテキストなどの持ち込みが許される場合は、持って面接に臨むといいでしょう。語らずともやる気と真剣さをアピールできる小道具になります。

必要事項を頭に入れておこう

まず面接で聞かれそうなことは、事前に調べて頭に入れておきましょう。面接先の企業の従業員数や売り上げなどの基本情報はホームページを見ればすぐにわかりますので、チェックをして記憶しておきましょう。また質問を用意しておくことも大切です。面接の最後に採用担当者へ的確な質問をすることで、真剣さのアピールのダメ押しをすることができます。
例えば「未経験者がスキルアップしていくために、どのような研修があるのでしょうか」「今から準備をしておくべきことはありますか」というような、やる気と向上心を示すことができる、積極的な内容の質問が良いでしょう。このように事前に想定されること面接内容については一度おさらいをして、予行練習をしておくと本番で慌てなくて済むと思います。

転職を考える方におすすめの記事

プログラマを目指そう
プログラマを目指そう
転職活動を始めよう
転職活動を始めよう

ページトップ