スキルなしからプログラマへの転職活動!ホワイト企業を見極める

スキルなしからの転職は可能か?

プログラマに転職しよう!

おすすめトピックス

プログラマに転職したい方へ管理人自身の経験をもとに、スキルなし、経験なしからプログラマへの転職を応援するサイトです。お問い合わせは>>コンタクトフォーム

ホワイト企業を見分けよう

ホワイト企業を見分けよう

プログラマとして転職を考えている人にとって、転職先の企業がブラック企業かホワイト企業かという問題は重要だと思います。名も通っている大企業なら安心かと思えば、そうでもないから複雑です。転職活動の前にブラック企業の特徴を知っておくことで、転職のリスクを減らすことができるでしょう。

ブラック企業が使う独特のフレーズに注意

まず転職の際に求人票や求人欄をきちんと読み込むようにしましょう。そうすることでその求人を出している企業の考え方を知ることができるからです。まずは「年収200万円から800万円、頑張れば年収1000万円でも稼げます」というようなフレーズが求人欄に掲載されている企業に注意をしましょう。「簡単にお金を稼げる」という印象を与えるようなフレーズを出すことを、普通の企業ならしないからです。
社会的な常識を持っている人ならば、簡単にお金を稼げることなど世の中にはそうそうないということを知っています。ブラック企業はそのような社会的な常識を持たない人や、社会経験の少ない若い人を引っ掛けるためにこのような甘い言葉で応募者の気を引こうとしています。そしてこのように年収の幅が広い場合はほとんどの人が最低の年収しかもらえないケースが多いので、上記の場合は「多分年収200万円前後しかもらえない」と思っておいたほうが良いでしょう。

離職率が高そうな企業に注意

また「学歴不問」「年齢不問」「未経験者歓迎」のように、とにかく誰でもよいから欲しいという印象を与えるフレーズを連発している会社もブラック企業の可能性が高いといえます。そしてそのような求人を一年を通じてずっと出している企業はさらにブラック企業の可能性が高くなります。いつも求人を出しているということは、常に人材が不足しているということになります。つまりその企業は離職率が非常に高い企業ということになります。離職率が高いのには、それなりの理由があります。残業が多く、残業代が支払われないケースや、勤務時間が異常に長い、給与が安すぎる、などです。
また「やりがい」を前面に出してくる企業も注意が必要です。そのような企業は給与などの待遇は悪く、勤務時間やノルマが高いことを、やりがいがある、夢がある、実力次第で大金を稼げるという言葉でごまかしている可能性が高いからです。

ブラック企業情報に目を通そう

転職先に目星をつけたら、ネットでその企業の評判について調べてみることをおすすめします。最近はブラック企業をリストアップしているサイトなどが増えています。すべてを信じていいとは思いませんが、信憑性のある記事もあります。新聞社が運営しているサイトなどと合わせて見ることで、より立体的にブラック企業について知ることができるでしょう。特に過去に何度も訴訟を起こされているような企業はブラック企業の可能性がかなり高くなりますので注意が必要です。

転職を考える方におすすめの記事

プログラマを目指そう
プログラマを目指そう
転職活動を始めよう
転職活動を始めよう

ページトップ